栄駅から徒歩2分の歯医者 日生歯科診療所。栄で65年以上、インプラント、予防歯科、審美、ホワイトニング、歯周病などの治療に力を入れています。

審美セラミック修復物のこだわり

  • HOME »
  • 審美セラミック修復物のこだわり

審美セラミック修復物の種類

オールセラミッククラウン(ジルコニア)の特徴

オールセラミック術 オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で 出来ているものを使用する審美歯科治療です。 金属類を使用するメタルボンドと違って、全て光を透すセラミック材料(陶器材料)で 出来ているコーピングを使用し、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり、 見た目の気になる前歯に適しています。
 オールセラミックを使用すれば、誰もそれが治療した歯(さし歯・つめ物)とは気づきません。にっこりと、そして大きな口を開けて存分に笑って頂く事ができます。また、金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を 行うことができます。他のどのセラミック治療と比べても高い審美性を誇ります。
shinbi_whitebox

オールセラミック治療をオススメな方

• 体に金属アレルギーをお持ちの方
• 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
• 以前の治療で金属が見えることが気になる方
• 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

メタルセラミッククラウンの特徴

メタルセラミック術
メタルセラミックは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、 内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。 すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックスと違って、 歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣ります。使用する金属により、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や金属アレルギーを 引き起こす可能性があります。
shinbi_metalsera

メタルセラミックス治療をオススメな方

• 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
• 以前の治療で金属が見えるのが気になる方
• 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

オールセラミッククラウン(プレスステイン)の特徴

プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウム結晶からなるガラスセラミックス インゴットです。 400MPa(メガパスカル)の非常に高い曲げ強度を持ち、適合性の高い修復物 です。 1本の歯でクラウンを製作した場合には非常に高い耐久性を持つ素材です。 表面の色付けのため、セラミックスより色調再現性は劣ります。
shinbi_allsera

オールセラミッククラウン(プレスステイン)の治療をオススメな方

• 体に金属アレルギーをお持ちの方
• 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
• 以前の治療で金属が見えることが気になる方
• 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

セラミックス(e-max)インレーの特徴

shinbi_sera 保険診療で使用される銀の詰め物に比べ、見た目が良く、変色しません。 また、保険診療で使用される金属に比べ加工性に優れ、密着度が高く 歯との隙間ができにくいので二次的な虫歯になりづらく、汚れ(プラーク)が 付きにくいのも特徴です。もちろん、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの 変色、金属アレルギーなどが起こる可能性もありません。 保険診療で使用されるコンポジットレジンと比較しても、変色なく、歯髄への 影響もありません。
 セラミックインレーの主成分である二ケイ酸リチウムは曲げ強度360~400MPa(メガパスカル) を有するセラミックス材料で、非常に高い耐久性を持つ素材です。

セラミックインレー

セラミックインレー治療をオススメな方

• 金属の詰め物を自然な白い色にしたい。
• 金属アレルギーが気になる。
• 手の届く費用で白い歯にしたい。

sera_matrix

ポーセレンラミネートベニア

shinbi_poseren ポーセレンラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・バランスで前歯を作り上げます。神経を傷つけることなく、歯へのダメージも最小限であり、安全で耐久性があり、美しく自然な感じに仕上がります。歯の色が気になる。前歯に隙間があって気になる。前歯の形をもう少しバランス良くしたい。歯の色が変色しホワイトニングだけでは効果が期待できないケース。少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ。などと悩まれている方に適している治療がポーセレンラミネートベニア法です。

歯周形成外科

歯グキをキレイに = 歯周形成外科

 あまり日本では聞き慣れない分野ですが、スマイルを大切にする欧米ではかなり普及している治療です。歯と歯グキのバランスの悪さが美しい笑顔を台無しにしている場合があります。また、歯グキが退縮して歯根が露出し、冷たい物がしみるなど、これでは美味しい食事も楽しくありません。このように歯グキが原因で起こる審美的問題や機能的問題を、歯周形成外科により改善することができます。

専門医によるマテリアル選択

専門医によるマテリアル選択 当院の院長は歯科の材料学の分野で博士号の学位をとりました。またデンタルマテリアルシニアアドバイザーという歯科理工学の専門医も取得いたしております。専門医の観点からあなたに最適なマテリアルをご提案させていただきます。

歯の型取りまでの道のり

1.プランニング

shinbi_michinori1 しっかりとお話を聞かせていただき、プランを決めていきましょう。

next_arrow

2.仮歯でのシミュレーション

shinbi_michinori2 プランが決定したらまずは仮歯に置き換えます。
 仮歯の状態で歯ぐきの治療や根の治療、最終のかぶせのシミュレーションを行います。

next_arrow

3.正確な型取り

 歯ぐきのコントロール、根の治療、土台の治療すべてが終わった所で型取りをしていきます。
 shinbi_michinori3 shinbi_michinori4

 しっかり精密な型取りができるように歯ぐきに専用の糸を入れた状態で型取りします。
 型取りの材料も変形の少ない特別な印象材を用います。

セラミスト同席による形や色の最終確認

seramist_check 当院での審美修復ではセラミスト同席の色合わせが基本です。細かい色彩や質感、形の好みなどを直接相談させていただきます。
shinbi_michinori6

天然の歯のような自然な仕上がりになります。

トップセラミストによる匠の技

 美しく長持ちする審美修復物を作りあげるには、信頼のおける技工士の存在が必要不可欠です。当院の審美修復物を作ってもらっているスタジオ悠の近藤悠司さんを紹介します。
studio_kondo

スタジオ悠 代表 近藤悠司

[略歴]
平成9年3月 名古屋歯科医療専門学校 歯科技工士科 卒業
平成21年8月 (社)日本口腔インプラント学会会員
平成21年9月 (社)愛知県歯科技工士会会員
[活動内容]
平成20年 QDT Selected ARTICLE Japan掲載
「陶材焼成における係留条件最適化の試み~メタルセラミックスの色調向上のために~」
平成21年 QDT Next Generation 掲載
平成21年 (社)日本口腔インプラント学会認定専門歯科技工士 取得
平成22年 スタディーグループ「Ziel nagoya」発足
平成22年 日本歯技 Technical Revue 掲載
平成23年 モリタ技工フォーラム 登竜門 優秀賞
平成24年 QDT Feature article#1 #2 掲載
「このクラウンをどうつくる?ー若手歯科技工士5名によるプレゼンテーションー」
平成24年 日技認定講師 取得

その他の治療科目はこちら



診療科目

名古屋栄駅サカエチカ7番出口から徒歩2分 TOSHIN SAKAEビル4階 ◎土曜日は13:00まで
休診日 :木・日・祝日
PAGETOP