栄駅から徒歩2分の歯医者 日生歯科診療所。栄で65年以上、インプラント、予防歯科、審美、ホワイトニング、歯周病などの治療に力を入れています。

予防歯科/メインテナンス

  • HOME »
  • 予防歯科/メインテナンス

患者様には虫歯や歯周病に悩まされない、健康なお口を保っていただきたいと思っています。そのため、当院ではお口の病気を未然に防ぐ「予防歯科」に患者さまと一緒に取り組んでいます。

当院では患者様一人ひとりに担当の歯科衛生士を付けるようにして、お口の状態を管理していきます。担当制にすることで、ちょっとした変化や癖、磨き残しにもすぐ気付けるため、その方の傾向に合わせて臨機応変な対応が可能です。ブラッシング指導の他、歯石を取り除くスケーリング、徹底的にお口の中をクリーニングするPMTC、着色汚れを落とすエアフローなどを通して、担当の歯科衛生士がお口の健康を守るためのサポートをいたします。また、ふかふかで座り心地の良いメンテナンス専用の診療台を設置しており、サロンに通う感覚で「メンテナンスは心地の良いものだ」と思っていただくことで、率先して予防に取り組んでいただけるようにしています。当院の予防歯科で、一緒に健康な歯を目指しましょう。

メインテナンスの重要性

graph1 虫歯や歯周病の一連の治療が全て修了し治療結果が良好であれば治療終了となりますが、健康な口腔環境を維持する為に実はこれからが本当の始まりとなります。

 歯周病や虫歯は非常に再発しやすい病気の為、再発予防の為のメインテナンスが必要となります。

 定期治療(メインテナンス)の間隔は個人によって違います。歯科医師、担当衛生士があなたの口腔、全身のリスクに応じてアドバイス致します。

 レッドゾーン(病気)に下がる手前で定期治療を受けることが必要です。通常3~6ヶ月に1回はメンテナンスが必要です。

 こちらは定期検診と将来の歯の数との関係を表したグラフです。

graph2

 定期的にメンテナンスを受けている人の残っている歯の数が圧倒的に多いというのがお分かりいただけると思います。

 定期健診を受けて頂くことで虫歯や歯周病などを初期の自覚症状のないうちに発見でき、治療もしやすくなります。また歯を抜かなければならないような重症になることもほぼなくなります。

リスクを把握し、一人ひとりに合った予防ケアを

虫歯や歯周病になった原因が違えば、予防法も違います。そこで当院では、お口の中の環境や体質を把握するためのさまざまな検査メニューを導入しております。ご自身の状況を正しく把握することで、自分に合った予防法を知ることができます。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡は、お口の中に入るさまざまな菌を生きたまま観察することができる機器です。
お口の中には常時、数百種類の細菌が生息していると言われていますが、中でも悪性の高い菌の生息割合や運動量などを調べることで、虫歯や歯周病への罹患リスクを知ることができます。

唾液検査(SMT)

虫歯を予防するには、虫歯の原因を知り、自分にあったお口のケアをすることが望ましいです。唾液検査を受けることで、自分の本当の虫歯の原因が分かります。

唾液検査でわかること

歯の健康

虫歯菌の数

虫歯菌のトータル数がわかります。ミュータンス菌は虫歯のきっかけを作る菌、ラクトバチラス菌は虫歯を進行させる菌です。多いほど虫歯のリスクが高くなります。

唾液の酸性度

唾液の酸性度が高いと口の中が酸性環境になっているため歯のエナメル質が脱灰(虫歯)しやすくなります。

唾液の緩衝能

唾液には虫歯菌や食物の酸を中和する機能が備わっています。緩衝能が低いと唾液を酸性から中性に戻す働きが弱くなるのでエナメル質の脱灰(虫歯)になりやすくなります。

歯ぐきの健康

白血球

歯と歯茎の溝(歯肉溝)に細菌や異物が増加すると免疫細胞である白血球が唾液中に増加します。白血球が多いと歯周病のリスクを考える必要があります。

タンパク質

口腔内細菌と歯と歯茎の溝(歯肉溝)にプラーク(バイオフィルム)が多くなると唾液中のタンパク質が増加します。

口腔清潔度

アンモニア

唾液中の総細菌数が多くなると唾液中のアンモニアの数が増えることがわかっています。アンモニアが多いと口臭の原因になります。

当院のメインテナンスプログラム

ブラッシング指導

ご家庭で歯磨きをしても、どうしても磨きにくい箇所があります。また、自分では気づかない磨き癖や合わない歯ブラシを使用していることが原因で磨き残しができてしまうことがあります。そういった箇所には細菌が蓄積しやすく、歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜が固着し、虫歯の原因になってしまいます。また、しっかり磨こうとして、つい力が入ってしまうと歯や歯ぐきを痛める原因にもなります。 当院では、患者様に正しく効果的なセルフケアを行っていただくために、一人ひとりに合った歯磨きの方法やケアグッズの選び方をご提案しています。

ブラッシングのポイント


 細菌がバイオフィルムを作り出すまで約18時間かかります。バイオフィルムができる前に、お口の中の汚れを取り除くことが出来ればむし歯予防につながります。

スケーリング(歯石除去)

スケープリング スケーリングとは、歯の表面から歯垢や歯石を取り除くことです。スケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、歯科医師や衛生士が行います。
 磨き残しによってできる歯垢や歯石は、歯茎に隠れている歯の根元にもつきます。これは毎日のブラッシングではなかなか取り除くことができません。歯垢や歯石が溜まると、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。
定期的に歯科医院に訪れ、きれいに取り除くことが大切です。

専門家による歯のクリーニングPMTC

PMTC PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、毎日のブラッシングでは落としきれない歯の汚れを、歯科医院できれいにしてもらうことです。この方法を用いれば、歯の表面はもちろん、歯と歯肉の境の中まで、歯垢を除去することができます。また見た目が美しくなるだけではなく、口臭を予防する効果もありますので是非エステ感覚でお試しください。

未来のお口の幸せに繋がる定期検診


 当院では「むし歯を定期的に治すこと」ではなく、「虫歯にさせないこと」をすすめるのが歯科医の“本当の治療”だと考えています。歯に対する意識を覆す歯科医であることが、患者さまにとって最善であると考えます。歯の予防・メインテナンスに興味をもたれた方は是非、一度当院へお越し下さい。

その他の治療科目はこちら




日生歯科診療所の歴史 確かな技術の継承 滅菌・消毒 こだわりの院内感染予防 セレック治療 安心・安全・体にやさしい

診療科目

名古屋栄駅サカエチカ7番出口から徒歩2分 TOSHIN SAKAEビル4階 ◎土曜日は13:00まで
休診日 :木・日・祝日
PAGETOP