栄駅から徒歩2分の歯医者 日生歯科診療所。栄で65年以上、インプラント、予防歯科、審美、ホワイトニング、歯周病などの治療に力を入れています。

セレック

  • HOME »
  • セレック

金属を使わない、最短即日で終了する
歯にやさしいセラミック治療 (セレック治療)

haniyasasii4セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。

最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

通常は技工士がインレー(詰め物)やクラウン(かぶせ物)を溝や色を合わせて1つずつ作成します。そのため、1週間程度の時間が必要でした。しかしセレックなら、短期間で、しかもリーズナブルな価格で、白くて丈夫なセラミックを作成することができるのです!

セレック治療には従来のものと比べさまざまなメリットがあります。健康志向の強い方や見た目にこだわりのある方、多忙で歯医者への通院が難しい方や費用を安くおさえたい方にはおすすめの治療法です。

体にやさしい「建康」なセラミックを使用

セレック治療で主に使用するのは、さまざまなメリットを持つセラミック。安全かつ健康に良い詰め物です。お口の健康を安全に維持していくのに、きっとお役立ていただけます。

■ 虫歯・歯周病になりづらい
金属の詰め物・㈱差物は環境の変化や時間の経過により、膨張や収縮をする特徴があります。そのため、接着剤との間に隙すき間ができ、そこから細菌が侵入するリスクをもっているのです。どんな状況でも変化が起こりづらいセラミックなら、金属製のものにくらべて虫歯・歯周病になりづらい補綴治療が可能になります。

■ 金属不使用
セラミックを使ったセラミック治療はメタルフリー治療です。そのため、金属を使った治療に比べ、歯肉への親和性が高く、炎症が起きにくいことが特徴です。また、金属イオンが溶け出すといったこともありませんので、金属アレルギーや、歯ぐきに黒ずみを招くような事態にもいたりません。

より天然歯に近づいた「美しさ」と「装着感」

cerecセラミックブロックには、いろいろな大きさや色があります。また、材料によって強度もさまざまです。そのため、患者様それぞれに最適なものを選び、周りの歯に良く馴染んだ修復物を作ることが可能です。また、透明度の高いセラミックは境目が目立たず、磨き上げることで非常に美しい仕上がりになります。
審美性だけでなく、噛み心地や舌触りについても天然歯に近い感覚となりますので、今までの被せものや詰め物で違和感を覚えたことのある方には特におすすめです。

たった1日の「短時間」で治療

セレック治療は従来のものと比べてとてもスピーディー。1~2本の治療の場合では多くのケースにおいて、1時間程度で修復物のセットまで完了するので、通院も1度だけですみます。通常は3日~1週間ほどかかる補綴治療が短時間で終わりますので、忙しくて中々歯医者に通えない、という人には最適の治療法です。
※ただし、加工が困難な素材を使用したりする場合や患者様の症状によっては複数回ご来院が必要になる場合もございます。

普段お忙しい方はもちろんのこと、イベントまで時間が迫っているけれども、歯医者に通っている暇がない、という方にもセレック治療はおすすめです。すぐにセラミックなどの補綴物を作れますので、短期間で見た目も機能も良い被せ物治療が行えます。
cerec2

高品質なセラミックブロックが高い耐久性を実現

通常のセラミックの修復物は、歯科技工士がセラミックを何層にも盛り足すことで作製されます。セレック治療は、ミリングマシンがセラミックブロックを直接削り出すという方法で修復物を作製しますので、高い強度が実現できるのです。さらに当院では、ドイツの工場で厳密な規格管理をクリアしたブロック型のセラミックブロックを使用しています。人の手による間違いがなく、高い耐久性が期待できるセレック治療は、長く歯の健康を維持したいという方に最適な治療法と言えます。
cerec3

費用負担を軽減!「リーズナブル」な治療

最新の機器を使用した治療ではありますが、費用が高くなるということはありません。むしろ患者様の費用負担を軽減することができます。本来、修復物というのは歯科技工所へ製作を依頼し、歯科技工士さんに作ってもらうものです。しかしセレック治療は当院で製作が完結するため゚、外注費がかかりません。さらに、患者様にご来院いただく回数も減るため、その分費用を減らすことができます。また、耐久性が高いので修復物の再製作の回数も少なくなり、費用の軽減につながります。

セレックオールセラミックス修復の治療の流れ

セレックオールセラミックス修復の治療手順は従来の治療とは全く異なります。
3D光学カメラによる3Dスキャン(光学印象)、セレックACによる3D設計、ミリングユニット(全自動人工歯成形器)による人工歯の形成など、歯科治療ではすべてにおいて斬新的なシステムです。

cerec4▼ 口腔内3Dスキャン
歯の治療が終わったら、修復物を形成するために3D光学カメラで口腔内をスキャン(光学印象)します。
わずか数分で終わる工程で、印象材による歯型採取のような不快感はありません。
症例によって歯型採取の必要な場合があります。

next_arrow

▼ セラミックス修復物の設計
cerec5セレックACの3D画面上で修復物を設計します。
バイオジェネリック原理を元に歯の形態や噛み合わせ、咬合面調整などを理想的な形状に設計していきます。
咬合面の形状は1歯1歯異なり、咬み合せなど咀嚼系の機能や全身の健康に大きな影響を及ぼします。
そのため歯科修復物の製作において咬合面の再現は常に最優先の課題として扱われてきました。

next_arrow

▼ セラミックスブロックの選定
cerec6
多様な色調のセラミックスブロックより患者さんの歯に最適な色合いのブロックを選びます。

next_arrow

▼ セラミックス修復物の成形
cerec7
3D設計データを基にミリングユニットで成形します。
ミリングユニットはコンピュータとリンクしており、自動的にブロックを削り出し、設計通りの修復物を忠実に成形してくれます。

next_arrow

▼ 治療終了
cerec8cerec9

完成した補綴物を口腔内にセットして治療終了です。

メタルフリー治療

金属アレルギーになる原因の43%は歯科治療時に入れた金属である、という研究結果があります。実は金属でできた詰め物・被せ物(いわゆる銀歯)には、このようなリスクをはらんでいたのです。アレルギーは口腔内だけでなく手や背中、顔などにあらわれる場合もあり、口の中の金属が原因だと気づかれない方も多いようです。
そのため、健康に良いセラミックを使用した治療を積極的に行うことが世界の潮流となってきています。歯科治療はお口だけでなく、体全体にも関わるものです。安心で安全なセレック治療を当院はおすすめいたします。

実は、日本の人口の約10分の1にあたる1,000万人の方が、金属アレルギー患者もしくは潜在的な金属アレルギー患者だと言われています。しかし、現在の保険治療では主に金銀パラジウム合金が使われていますし、セラミック治療として使われているメタルボンドも補強のために金属の裏打ちしています。つまり、多くの歯科治療で金属アレルギーを起こすリスク要因を作ってしまっているのが現状なのです。

なお、金銀パラジウム合金については、金属の中でも口の中でイオン化しやすく溶けやすいことが問題視されています。「手や足に湿疹や水泡があらわれる」「口の中の歯茎が荒れる」といった原因がわからない不快症状の原因になるのです。
また、金属には温度変化で膨張や収縮をする性質があり、口の中の金属でも同様の現象が起こります。金属の形状が変わると歯の間に隙間ができる原因となり、虫歯になりやすくなります。
一方、セラミックは金属と比較すると歯肉とのなじみがよく膨張や収縮によって変形しないため、歯周病や虫歯になりにくいといったメリットがあります。

その他の治療科目はこちら



診療科目

名古屋栄駅サカエチカ7番出口から徒歩2分 TOSHIN SAKAEビル4階 ◎土曜日は13:00まで
休診日 :木・日・祝日
PAGETOP